Howzit♪

可愛い4nyan+1nyan に親ばか発揮中~
 《4nyan》
   太郎 ♂1994年生 甲状腺機能亢進症の治療中!
   ハナ ♀1994年生 2008年7月 突然、虹の橋へ駆けて行きました。
   モモ ♀1995年生 腎臓障害発症~ 現在、投薬により改善♪
   あんず♀2005年生 元気一杯箱入り娘(笑)
 《1nyan》
   陽なた♂ 2005年生 あんずとは兄妹 現在は離れて暮らす。

太郎

太郎の経過 《2回分~》

【11月27日検査】

前回、外注(院外)で血液検査をしていた結果がでました。
甲状腺の数値が思いのほか下がり・・
と言うか、下がり過ぎるくらい下がってました。
(目標T4数値 7⇒5以下 が 0.9まで急降下!)
なので、甲状腺の投薬回数が1日2回から1回に減りました~。

そして、貧血(溶血性)の検査ですが・・
これも、幾分回復!
(正常値32~  結果は前回28⇒今回30)
なので、こちらも同じく投薬が1日1回に♪

この状態でまた10日間経過観察となりました。
このままお薬が減ると好いだけどね~。

体重 3.7キロ
10日の間に2回ほど吐いてたので少々減りましたけど元気です。



【11月8日】

今回は貧血のみの検査です。
結果は・・・ 薬を減らした分、逆戻りしてしまったようでした。(数値27)
で、投薬もまた2回に!

でも! 食欲もあるので・・
体重は 3.85キロ
あ・・ ただ、触診中に判明したんですけど・・
膀胱満タン だったみたいです。
「50グラムぐらいは溜まってそう」って。(笑)

そして・・
もしもの時のためにペットシーツをキャリーに敷いて頂きました。
で、その「もしも」が現実になったんだよね~太郎。




7a91bf11.jpg

太郎 『 穴があったら入りたい・・・汗 顔は写さないで!!! 』




家まで、あと1?くらいってとこで
急に大声張り上げて・・
あの時が満タン限界だったんだね。(笑)
もし、あのペットシーツが無かったら・・
大変な惨状が待っていたんだと思うと。。。 (゚_゚i)タラー・・・

ペットシーツに感謝!
いや・・ 先生に感謝でした。(笑)



次回の検査は10日後・・
ペットシーツのお礼もシッカリ言わなくっちゃね!(笑)







705ef74b.jpg

あんず 『太郎爺~が お漏らししたでしか?』




笑顔 あんずちゃんも・・
  お出掛け前には、おトイレ忘れずにね♪





   

太郎の経過 (簡潔に~。笑)


【11月20日】

太郎の検査日。
前回から3週間ぶりの検査です。
今回の重要項目は、やはり貧血です。

が・・・

思うように効果が表れてなく。
新しいお薬を試すことになりました。
そして、1週間後に再び検査の予定です。





笑顔 太郎、一週間後に又来て下さいって! 




c9bf6809.jpg

太郎 『な、なにぃ~~~~びっくりびっくり






落ち込み だから、一週間して薬が効いてなかったら、又違う薬にするんだって!







50bd036f.jpg

太郎 『ショックびっくり ター坊ショ~~~ックびっくり







落ち込み いきなり、ター坊って・・汗






46fdad03.jpg

太郎 『じゃ、とりあえず お先っすびっくり





ウインク 帰れるもんなら・・ お先にどうぞ~♪






・・・と言う事で、暫くは貧血のお薬が決まるまで忙しそうです。
あ、甲状腺の検査結果は外注なので次回の検査の時に伺う事に。
肝臓は平常値に! 腎臓の数値も前回のまま保ってました。
そして体重は~ 3.75?まで増量です♪



  

太郎の経過

【10月30日】

太郎の通院日でした。
前回、投薬量を増やした後の経過を見て貰う事と
貧血の要素があったので、その検査の為に採血が行なわれました。
投薬増量され、数日で吐き気は治まって居たので今回は甲状腺の検査は除外。

まず・・
受診当初から異常に上がっていた肝臓数値は正常値に戻っていました。
投薬で正常値に戻ったと言う事はコレも亢進症の症状だったのですね。

そして、貧血の原因ですが・・・血液検査の結果
「免疫介在性溶血性貧血」が疑われました。
自己免疫により、赤血球を破壊する症状なのだそうです。

幸い、太郎は血液を作り出す力が普通より多いと言う事と
現在、甲状腺の薬と併用して飲んでいる薬(ステロイド剤)が
この症状を抑える作用があるそうなので
貧血の数値は、前回より良い数値を示していました。
なので、暫くステロイド剤も続ける事に。





7cadffdc.jpg








・・・と、ココまでは幾分、良い経過でしが


亢進症の症状が幾分緩和されて来たのとは逆に・・
亢進症の症状で活発過ぎるほど活動していた腎臓が
活動を抑えられた事により、腎臓障害の症状が現れて来たようです。


・・・( ̄  ̄;) うーん



亢進症と腎臓障害。


とりあえず、亢進症で隠れていた腎臓障害の数値が
どの程度まで上がるのか・・経過を見つつ
先ずは、亢進症のみの治療を続ける事にしました。
腎臓の方は基準数値を決め、それ以上になったら
治療を進めると言う条件付きで・・・。



それから、ニ週間弱経過していますが・・
太郎は吐き気も治まったまま、すこぶる元気です!
相変わらず「ゴハン、ゴハン!」と一日中催促し。
人の気配が一瞬でも無くなると・・
あんずのゴハンを盗み喰い!
頭はゴハンの事でいつも一杯みたいです。( ̄ー ̄; ヒヤリ 

おそらく、体重も少しずつ増加している事でしょう。
あっ! 今回の体重は・・ 3.50キロでした。
次回の通院日は、11月20日頃の予定です。

通院の間隔が長くなったので、幾分 気持ちも楽になりました♪
ただ・・これから冬に向かっていくので・・
雪道運転と言う心配が少々ありますけどね・・ 雪 自動車ダッシュ





95d2a864.jpg

太郎 『 運転、気を付けろよ怒 』





落ち込み 太郎も乗ってる間中、鳴くのは止めてよね怒
   運転に集中できないから・・・





   

太郎の経過

前回(10月1日)の検査結果で「甲状腺機能亢進症」と診断されて
甲状腺ホルモンの抑制をする薬(メチマゾール 1/2錠)と
数値が下がるまで併用して飲むステロイド剤 1/2錠を2週間分処方されていました。

最初の1週間には2度ほど吐いてたのに
翌週には1度も吐く事も無く快調~。

薬の切れる日(10月15日)に再び診察(血液検査)に出掛けると・・
急な不幸と言うことで「休診」。

休診では仕方が無いし、調子も良い事から
幾分、軽い気持ちでも居たのですが・・
翌日、早朝に空吐き。(薬が切れたせいか、たまたまなのか不明。)

その日(10月16日)は仕事を少し早めに早退し病院へ。
体重は・・ 3.40キロまで増えていました。
通院を始めて2ヶ月あまりの間「3.10キロ」の壁が
越えられなかった事を思うと、2週間で300gの増量はスゴイ事です!

肝臓の数値も基準値に近くなってるし・・(甲状腺(T4)の結果報告は翌週。)
甲状腺の症状で隠れていた腎臓障害の数値が幾分高くなっているけど
まだ、心配する数値でもないという事でした。

もっと大変な事態にまで追い込まれるんじゃないかと心配していた事が
嘘のように・・ このままの状態で穏やかで過せるかも~。 なんて思ったり。

体重増加と数値の低下から薬の効き目が見えて来たようなので・・
甲状腺の薬と併用していたステロイド剤を2日に1回(4回目で終了。)
に減らすことになりました。(症状が安定したらメチマゾールのみの処方。)

しかし・・・
減量の4日目頃から空吐きの回数が激増したのです。
いままでは早朝に1度程度だったのが、2回~3回に。

とりあえず、甲状腺の血液検査(T4)の結果を聞かなければならない事もあり
事前に電話で数日の空吐きの様子を伝えると、
一緒に連れて来てください、との事でした。

体重は・・3.30キロ 約一週間で100gの減量。

先生曰く・・「ステロイド剤の減量時期が早過ぎたかもしれません。
      前回の検査でT4が7.6まで下がってたが
      現状では少し上がってるかもしれない。
      とりあえず、甲状腺の数値(T4)を基準値(5.0)まで下げることが最優先なので
      今回、甲状腺の薬を増やして、ステロイド剤も再開しましょう。」
と、言う事でした。

もともと、甲状腺の薬は規定量の半分。(副作用のことを考慮して。)
そこへ、ステロイド剤の減量。
そのことが原因だったのかもしれないと言うことです。

脱水症状も見られたので点滴にビタミン剤の投与を受け、
先ずは増量(1日量-メチマゾール1/2錠2回、ステロイド剤1/2錠1回)された薬10日分の
処方を受けて帰ってきました。

それが昨日(10月22日)の事です。


正直、最初の2週間の様子に安堵していたけど・・
そんな簡単に症状が改善される病気では無いと言うことを
改めて思い知らされました。


でも、まだ ほんのスタート地点。
処方薬がどの程度で落ち着くのか決める段階。
太郎に合った、投薬量が決まらなきゃ何も始まらないのだ。





bb291f83.jpg

太郎 『まだ、凹んでる場合じゃないのだ!』






  

太郎の検査結果

一昨日の夕方病院から電話があり、
『太郎の血液検査結果が出ましたので寄って下さい。』との事。
そして昨日、聞いてきました。

やはり・・予想通り。

『甲状腺機能亢進症』との診断でした。


甲状腺の数値を示す「T4」が 9.6
(正常値 0.5-2.0mg/dl ・異常値 5.0mg/dl以上・限界値 2.0-5.0mg/dl)
既に5.0を越えた時点で「亢進症」とされるそうなので
太郎は相当高い数値と言えます。

その為に、肝臓の薬を飲んでも数値が一定の数値から下がらなかったり
吐き気止めの薬を飲んでも思う様に吐き気が止まらなかったのでしょう。

とりあえず、病名がハッキリし治療の方向が決まった事だけでも
幾分、気が休まりました。





02e866ee.jpg






今回から甲状腺ホルモンの分泌を抑制するお薬を処方されましたが・・
薬の副作用がある事等から規定量の半分からの投与となります。
約2週間毎の採血検査を経て、数値の安定を見ながら
太郎に合った投薬量を決めて行くそうです。



これから先、まだ長い時間を過さねば成りません。(そう願い。)
お互いに、追い込まれ過ぎないように行きたい思います。




笑顔 さ、太郎~ お薬! お薬ぃーーーっ!





時折、検査結果など書き留めて置こうと思います。

  
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ